とりあえずななんちゃらら

TOKIOとか絵とかサブカル音楽とかその他ほにゃらら。

歌詞に出てくる「あなた」がいない

とか言っても聴いてるのはだいじょぶだいじょぶだいじょぶだよねえでおなじみの蜘蛛の糸なんだけど。

筋少のネガティブな歌詞にすら「あなただけは」とか「君だけは」とか出てくるけど、当てはまる人がいない。

つまり心から愛している人がいない。もちろん家族とか、ジャニーズの長瀬智也くんとかそういうのはあたりまえだけど、もっと、友達とか、恋する人とかさあ。

これは昔から常々考えていることである。「あなた」って誰だよ。って。

BUMPでもなんでも歌詞を聴いていると誰かが出てくる。私を応援してくれるんじゃないのか。共感する一人称の曲があったとしても、なぜかもう一人、誰か登場人物が出てくる。お前は誰だよ。

 

そんなこと言ったらば、全ての曲がひとりよがりの中身のない曲になってしまうし、歌手の伝えたいメッセージはそんなことではないし。でも一方的にそんなことを思ったりしてしまうことがあるんだ。

 

こんな朝からネットのつながりのことを考えている。まあ、ツイッターのことなんだけどさあ。

ネットから同じ趣味の人とリアルに繋がれるのはとても楽しいことだし、気になる情報を得たり、熱を上げて本気で語り合ったりするのは大好きだ。

でも、それ以外は正直いらない。特に馴れ合いみたいなお話や、それを自慢げに話す人たちとか、う~ん、もう、知るか!ディスられている側の気持ちとかあるけど、知るか!

 

私は人が嫌いなわけではない。尊敬する人や好きな人ならたくさんいる。でも、好きな人以外は、いらない。

現実じゃ、そりゃ嫌いな人と付き合っていかなきゃならないのは当たり前だ、だけどネットはほんとに、嫌いな人やどうでもいい人、どうでもいい話は、目の前から消すことができる。一方的に。誰がどう思おうと。

 

だから、もう、評価されたいための絵をアップするサイトもあるし、こうやってくだらん愚痴もひとりよがりのレビューも愛も全て吐き出せるブログもあるし、本気でツイッターなんていらない。

 

前も言ったけど、もう繋がりたい人と他のツールで繋がってしまっているからなあ。

だから、近々ツイッターのアカウントを消してしまいたいとおもう。

 

いい感じの展開になってるぞ。

 

かといって現実が特出して楽しいわけじゃないし、むしろネットのほうが充実している。そのうち逆になればいいな。よし、そうしよう。

 

なんか愚痴っぽいブログになっちゃってゴメンね。もう人になにか見せびらかすのも、宣伝するのもやめれば、スッパリ切れるじゃないか。うん。自分の力で人と繋がろう。

 

こういうなんのためにもならない独り言は、はいはいむしむーしということで(笑)