とりあえずななんちゃらら

TOKIOとか絵とかサブカル音楽とかその他ほにゃらら。

だあリカという悪の華

タイトルから釣られたみんなはえびちゃんもしくは狂ったピエロですね、どっちもそんなに詳しくないです、私はTOKIOの智也くんが好きな筋少ちゃんです。どうも久しぶりです。

 

クドカン作智也くんの主演映画(若くして死ぬ)が決まりましたが、TOKIOは副業三昧だし、私のサウスパークのスタン並のリバース癖のせいでどこへも行けず、前記のとおり23才の夏休みを本当に迎えることになりそうなので、人生に少しでも花を添えようと、ぼっち仕事場を抜け出し近所の本屋兼CDショップ(平安堂)に向かったのでした。

さてと何を買おうかな!たんまり貯まった自作LINEスタンプ代で!!!と少々の後ろめたさを感じながら、私の視線は自然とジャニーズコーナーへ向かっているのでした。

 

前にえびを布教してきた某方がコンサートに行ってえらく満足して帰ってきてLINEでいろいろ語ってくれたので、茶の間だがお礼にえびしーまーと買ってやるか!!!まあ私も塚ちゃんに片足突っ込んだままだし!!(上から)(はし坦を名乗った名残は今やどこへいったのやら)

 

と、軽い気持ちで買ったんです。しかもトレカ付きの初回限定盤(期限切れ)。デジャヴ。

トレカで塚ちゃんが出たら運命だな~~いやまじでそんなわけないハハッ(笑)とか塚ちゃん並の白い歯を見せながらニヤケつつ職場に帰って隅っこで昼休みにソイジョイ×メンバーの数を食べながらトレカ袋(レトロ心をくすぐられるね)を開きました。

 

塚ちゃんのカードが出ました。

 

そんなモバマスの10連ガチャで一発SR二葉杏ちゃんを当てて調子こくみたいなことはしない。私は大丈夫。(notラブライバー)

と自分に言い聞かせながら、職場のペンタブ脇に塚ちゃんを置いてニヤケながら「早く帰って聴きたいよ、おしごとがんばるね、ぼくのつかちゃん!!!!!」と心で何度も唱えていました。

 

しかし、おかえりを言ってくれたのは塚ちゃんではありませんでした。

 

もちろん真っ先に聴いたのは塚ちゃんの曲です。でも、あなたは塚ちゃんではない。

塚だぁくねす様、だぁ様!!!!!とリカちゃん!!!!

 

だぁ様の存在は以前に見たtwinkleDVDのおまけDVDで十も承知でした。なんかサイクロンとかいう曲を歌ってる塚ちゃんに憑依したV系まがいの人、という印象で、これフルで聴きてえなーでもこれごっこ程度だろう…と、思っていたんです。

 

ごめんなさい、本気すぎました。塚ちゃんは全てにおいて私の期待を裏切ってくれませんでした。裏切ってくれないとハマるからやめて。

 

さあ、DARKNESS(LOVEです☆ver)を聴いたその時の興奮を画像で表現してみましょう。

 

f:id:nanakamaboko:20150604213123p:plain

あちゃ~、この人、自作CDジャケットつくっちゃったよ。しかも全て妄想で。

 

そんなことは置いておいて、前にも言った通り、私はオーケンこと大槻ケンヂが大好きです。10代の頃は筋少のライヴによく通っていました。オーケンの関わるCDを端から買い漁り、他のサブカルやパンクバンドとの対バンにも通い、ちゃんとアリスみたいなニーソックスも履いていました。

 

さあもうお気づきでしょう。何が言いたいかというと、私は元バンギャでDARKNESSはオーケン好きにはたまらない曲だったんです。

 

ここからどうでもいいだぁ様とオーケンこじつけ語りが始まります。痛々しいけど暇なら読んでね。

 

筋少知ってる人ならわかるんですが、大槻ケンヂさんはとっても少女愛者で、自らの歌詞によく理想の少女を登場させたりなりきるんです。あと謎の語りや台詞がメチャクチャ入ってくる。あと二重人格キャラをよく出す。(ドルバッキーとか文豪ボースカとか)

 

少女とオーケンの交わる代表的な曲だと、「レティクル座妄想」というアルバムに入っている「ハッピーアイスクリーム」。ノゾミ、カナエ、タマエ、モモコとなんと四人の妄想少女との対話が延々と聴けます。このアルバムは大体少女との対話だったり、自ら少女になりきったりするので、メチャクチャ鬱で怖いくらい狂気を感じる世界観が好きな人は借りてみてください。「愛のためいき」という曲ではオーケンが少女になりきる裏声が聴けます。完全にイッてるけど。

 

もっと軽いのを所望するのであれば、アニメ好きなら誰でも知ってる「大槻ケンヂと絶望少女達」の楽曲をオススメします。なぜそっちを先にオススメしなかったのかというと、レティクル座妄想がこれの基盤に…どうでもいいわ!!!!!

 

で、その絶望少女たちの「林檎もぎれビーム!」とか「ニート釣り」って曲とかのイントロを聴くと、DARKNESSのイントロ、めちゃくちゃ似てるんです。

絶望少女達には特撮っていうオーケンのパンクバンドが関わってて、それ踏まえて聞くと、遊び心と言いこの曲メチャクチャ特撮くせえ~~~というすごい自己満に浸っていました。

 

彼氏に振られ闇に堕ちたリカちゃんはまるでオーケンの描くV系バンドにハマったノゾミちゃんのよう。

だぁ様の二重人格はオーケンの心の内側に飼ってる猫ちゃんドルバッキーのよう。

 

だからなんなんだといわれるとただ語りたかっただけです。オーケン布教したかっただけです。すいません。

 

だからまた、だぁリカちゃんがコンサートに出る際はこっそり教えてください。観に行きます。ああ見たかった。ここじゃネタバレできないけどフォロワーさんに教えてもらった本物のだぁ様のイラストを見るにガチV系衣装でした。そういうジャンルを新たに設けてくれてありがとう事務所。ありがとう塚ちゃん。そしてA.B.C-Z

 

おまけ。前述した「特撮」の「夏盤」という夏にぴったりのアルバムに、「アングラ・ピープル・サマーホリデイ」という曲があります。私にとってこの曲が、えびの「Summer上々」に繋がりました。

似合わなくても夏はくる!!興味わいたら全然違う世界だけどyoutubeリンク貼っとくから聴いてみてね!マジこじつけだね!この記事!!でも過去の黒歴史が洗われた気分です。ハァ~。感謝。地獄に行けば赤鬼智也くんに会えるし、ダークサイドに堕ちればだぁ様が待ってる。ヤバイよこの世界。

 


アングラピープルサマーホリデー_復活ライブ2011_5年後の世界 - YouTube


特撮 林檎もぎれビーム! - YouTube