とりあえずななんちゃらら

TOKIOとか絵とかサブカル音楽とかその他ほにゃらら。

去り時ーオケミスを聴いた感想

オケミスってなんだ?って話ですけど、大槻ケンヂミステリ文庫のことです。

「小説?」ではなく、オーケンの企画する音楽プロジェクトの名前らしいです。私もよくわかってないんだけど、そのオケミスのCD「アウトサイダーアート」を買ったので感想をかこうかなと思い至ったわけです。

 

またオーケンかよ、TOKIOはどうしたんだというツッコミもあるかもしれませんが、普段はツイッターTOKIOのほうにいるので、たまにはブログで違うことも語らせて下さい。

 

わたしのフォロワーの中の僅かは筋少ファンで、その人がちょうどオケミスの話をしていたので、その人の貼っているリンクから当アルバムの公式PVを見たところ、すごく癒されたのだった。

その動画がこちら。

www.youtube.com

 

エヴァンゲリオンまごころを君にを見た時と似た気持ちになる感じの編成ですが、

動画はともかく、曲に恐怖しか感じない人は、私と違う人生を歩んできたと思うので、

見るのを止めて自分の人生を歩んでください。

 

私はこれにいたく感動した。10代の頃に、探し回って手に入れたオーケンのソロアルバム「I STAND HERE FOR YOU」を聴いたときと同じような気持ちになったからだ。

「I STAND~」は文字通り、俺は君の為に立っている、だから大丈夫、平気だよ、ということをひたすら心に訴えかけてくるアルバムで、ライナーノーツには「死にたい人には教祖が必要、だから俺がなってやろうじゃないか(要約)」と書いてある。私はそのアルバムを教徒のようにひたすら聴いて生きることをもういちどやってみよう、という気になんとか持ち直したりしていた。

 

その生きることをもういちどやってみよう、は何度も切れかける。いくらそれを永遠の約束のように決めた輝かしい日があったとしても、それはやがて過去になる。

だから、薬を切らしたみたいに音楽を求めて、今回辿り着いたのがこれだった。

 

いつも結局オーケンに辿り着いて安心している自分がいた。

 

オーケンの最近の曲は、捨て曲8割当たり曲2割な感じだなあと感じながら聞いている。

筋少の曲も昔の曲のように全部覚えて口ずさむことはなく、自分がいいなとおもった曲だけ覚えている。

 

たぶんオーケンの詩の世界に慣れてしまったんだと思う。こうくればこうくる、というのがだいたいわかってしまう。

でも、必ずいい曲が一曲か二曲はあるので、しつこくアルバムを買っているのだ。

それが当たり前の行為のように。

 

今回も当たり曲があった。さきほど動画リンクを貼った「ぽえむ」、そのあとに続く「去り時」だ。

「ぽえむ」では「本当はいつも思い出にとらわれて生きている」と歌い、過ぎたことを引きずっているからこそここに居るのだというように曲は続いていく。

これだけだったらいつものオーケン節で、「そうだよなあ」と思って終わるのだが、

次の「去り時」で心情ががらっと変わる。

 

「出会いなら 偶然とか

神様の いたずらにもできる

お別れは そう 誰かがさ

タイミングを 決めなきゃダメさ」

 

ここのフレーズで、どれかのトラックで必ず溢れるであろうと思っていた涙がでてきた。でも、いつもの「共感」の涙とは違い、別れとか、さみしさとか、そういう涙だった。せつなくて、おいていかないで、とつい心で呟いた。

 

この寂しさに気付いた時が、オーケンの言う「去り時」なんだろうとおもった。

さよならが嫌ならいくらでも否定できるだろう、彼は歌手で私は聞き手なんだから。

でも、去り時、という言葉が心にしっくりきてしまうとき、私にとってのオーケンはいつのまにかそういう存在になってしまったのだと、実感した。

 

それもまた過ぎていく話なのかもしれない。また必要になったなら、オーケンにすがりつくかもしれない。

でも、今じゃないとしても、オーケンは永遠には存在しないんだなあ、いつかは捨て曲も当たり曲もなにもなくなってしまうんだ、と感じた。

 

オーケン率いる筋肉少女帯に、私の大好きな、「香奈、頭を良くしてあげよう」という曲がある。

頭の悪い香奈と言う彼女に、人はいずれ別れるから、一人ででも生きていけるように、と理解させてあげる歌だ。

一時期は、私も大人になったんだから、香奈の側じゃなくて、頭を良くする彼氏役に自己投影しなきゃならないのかな、と思ったことがあった。

でも、オーケンの曲を聴いていると、わたしはいつまでも、いつまで経っても、オーケンの「香奈」なんだなあ、と思ってしまう。

 

バカで、何も理解してなくて、お別れも判らないような、香奈。

 

オーケンの曲はこれからも聴く。思う存分依存する。

でも、こころのどこかでは、「去り時」を感じ続けるんだと思う。

 

それはオーケンじゃなくても、どのアーティストにも言える事だが、

青春時代、それを引きずり続けている今と、ずっとお世話になったオーケンは特別、大切な存在で、去り際の姿もそこはかとなく教えてくれる彼は、本当に優しい存在だなあと思う。勝手に好きになったファンのひとりだけど。

 

「まぶしい」と笑う人が 

今背中向けているよ

もう少し そうしていたなら

今なんだな

 

その背中が、私にも見えるよ。

 

その二曲以外ももちろん名曲なんだけど、わたしには、その二曲の流れがよかった。全体的な流れとして、いつもの妄想みたいな曲じゃなくて、現実を歩いているオーケンを見たような気がします。

気になる方はぜひ。